GIKEN INC. WebSite

製品設計

お客様の要求仕様・コンセプトにあわせて、構造・信頼性・生産性などを総合的に検討し、最適な形状をご提案します。
設計アウトプットに対して、試作や解析などの設計検証を行い、設計妥当性の評価・改善を図ります。

 

解析

剛性解析、振動解析、流動解析を行います。
設計CADに組み込んでいる為、設計者が手軽に扱うことができ、よりタイムリーな検証を行うことができます。

 

<主な解析>
剛性解析 ・・・ 製品への過重負荷時の応力・たわみを評価します。
振動解析 ・・・ 製品の共振周波数を調べることなどができ、振動、異音不具合の
          予防に役立てることができます。
流動解析 ・・・ インジェクション成形における成形性を評価します。 ゲート位置の
          妥当性や各種外観不良の可能性を把握することができます。

 

試作(ラピッドプロトタイピング)

目的に応じた様々な製法で、短期間・低コストで試作品を製作します。
3Dデータさえあれば、すぐに形にすることが出来る為、開発初期の構造確認などに最適です。

 

<主なラピッドプロトタイピング>
ABS積層造形 ・・・ 最も安価で早く形にすることができます。
光造形      ・・・ 精度がよく、デザインの確認用としても使われています。
粉体造形    ・・・ 衝撃性や摩耗性に優れる材料を用いることで、機構評価などに
も使用することができます。
注型      ・・・ RPのマスターからシリコーン型を作るので、数十個程度の成形ができます。
NC切削     ・・・ 高い精度や量産と同材料などの条件が求められる場合に用います。

 

実験・評価

各種信頼性試験を行い、妥当性の評価を行います。

 

<主な信頼性試験>

 

※代表的な試験を記載しています。(他にも様々な試験検証が可能です)

 

耐熱性試験 ・・・ 様々な温度環境下での製品の変化を評価します。
振動試験   ・・・ 自動車などでの特定振動条件下における、異音の発生や振動耐久性を評価します。

 

page top